Revolte

Légende ci-dessous
Revolte

デザイン

01_Design

REVOLT、華麗なる超越

力強いライン、コンパクトなサイズ、刻み込まれたボディサイド。その近代的なボディスタイルで、REVOLTはラグジュアリーの既成概念を超越します。エグゼクティブカー特有のスタイリング要素を有しながらも、クルマとかけ離れた要素も取りこんでいます。

コンパクトで機能性重視だけじゃない、エネルギッシュなパフォーマー、それがREVOLT。コンパクトなサイズ感、ラグジュアリーの既成概念からかけ離れ、大胆な光り輝くバイオレットカラーを身にまとうボディスタイル。そこからもその個性的なキャラクターをうかがい知ることができます。

低重心で、堂々としたたたずまいのREVOLT。市街地での抜群の取り回し性。力強いホイールアーチ、カーブを帯びたボンネット、刻み込まれたボディサイド、REVOLTは流麗さそして逞しさを兼ね備え、走り出す態勢は万全です。

挑発的なスタイリングに表現されるREVOLTのモダンなキャラクター。名だたる先駆車2CVのインスピレーションを受けたそのスタイリングを有しながらも、異端児REVOLTは、その2CVの概念全てを疑い、この偉大なモデルを支える価値観を系統的にすべて見直しました。

インテリア

02_Intérieur

REVOLT、大胆かつ上質なインテリア

REVOLTのリアドアはフロントと合わせて両開き。だからキャビンへのアクセスも簡単です。色鮮やかなインテリアはまるで化粧箱のよう。キャビンで使われている素材はブラックの編みレザー、深紅のベルベット、輝くアルミ。木目調や従来インテリアに使われるカラーや素材はその面影もありません。REVOLTの狙いは大胆かつ上質なアンビアンスにあります。

3シーターキャビンのデザインに挑戦したREVOLT、家具のようにゆったりくつろげるラウンジスペースを実現しています。
パッセンジャーエリアにはモダンなデザインの長椅子が配置され、その流麗なラインがクルマ後方全体そしてフロントパッセンジャーのスペースまで続き一体感を醸し出します。このキャビンで足を延ばしてくつろぎ、快適かつ上質な雰囲気を愉しむことができます。

この手のクルマとしてはユニークなデザインを提供し、REVOLTは独創的で、唯一無二の存在。

テクノロジー

03_Technologies

REVOLT インテリジェントテクノロジー

REVOLTはイノベーションへのアプローチにも、ラグジュアリーを忘れない。REVOLT搭載のタッチスクリーンはクリスタルに包まれ、精巧に造形された深紅のクリスタルがタッチスクリーンをキャビン内で支え、また社内のエアも循環させています。

シックかつエレガントなREVOLTのリアベンチ。スタイルを表現するだけでなく、バッテリーの格納スペースの役目も果たしています。ベンチにバッテリーを格納するこのスマートなソルーションによって、キャビン全体がスタイリッシュに仕上がっています。

クルマのボンネットには太陽光電池を装着。ここから車室内の快適性機能に必要な電力を供給します。こうすることで停車中もバッテリーの電力を無駄に消費せずに済むのです。

フロントで視線を惹きつけるのは、グリルのラインを際立たせる、カーブを帯びたガラスのフォルム。半透明のこのガラスにはバックライトが付き、シェブロンのエンブレムを引き立てます。

ハイブリッドプラグインテクノロジー

04_Hybride

REVOLT、モダンアクティビスト

REVOLTの近代的かつ洗練された個性はその将来を見据えたパワートレインにも映し出されています。自動車産業がフル電動化ソルーションへ傾倒するなか、REVOLT独自の取り組みでエキサイティングで堅実なソルーションを選びました。それが再充電可能なハイブリッドタイプのドライブトレインです。

ドライブトレインの特徴は以下の通りです。
-小型の従来型内燃エンジンと電気モーターの組み合わせ、どちらも車輪駆動が可能。
-フル電動ZEV(Zero Emission Vehicle)モードでの走行が可能、排出ガスはゼロ。
-バッテリーの再充電機能により電気モーターへ電気を供給。

この再充電可能なハイブリッドドライブトレインは、フル電気走行を重視しています。CO2の排出がゼロなのはもちろん、このモードでは静かで快適なドライビング環境を実現できるからです。