新型コロナウィルス感染症拡大防止に関する対応について
シトロエンではお客様及びスタッフの安全・安心を最優先に、政府の方針・指導に基づいた対応を実施してまいります。

詳しくはこちら

[cle1: REDIRECTION_DANS Lang:jp] [cle1: SECONDES Lang:jp]

EV走行時の航続距離について

eC4-Autonomy

 

EV(電気自動車)の航続距離に関する知識や、航続距離を延ばすエコドライビングについてご紹介します。※PHOTO:欧州仕様車

 

航続距離に影響を与える主な要因

picto-vitesse

走行速度

スピードを出しすぎるとバッテリーの消費が激しくなります。仮に時速130kmで走行した場合、EVの航続距離は、欧州WLTPモードの航続距離と比較すると約半分にまでなります。

picto-climatisation

エアコンの使用

内燃機関エンジン車の場合はエンジン排熱を暖房に再利用していますが、エンジンを持たないEVではヒートポンプを作動させる必要があります。

gaikion

外気温

エアコンの使用有無にかかわらず、外気温は車両の航続距離に直接影響します。外気温が0℃の場合、航続距離は約10%減少します。

Picto-Style-de-Conduite

走行条件

上り坂を走行する際は電力消費が増加し、航続距離に影響します。一方、下り坂の場合はブレーキペダルを踏み続ける代わりにアクセルオフによる回生ブレーキを活用することで、減速時のエネルギーを回収しバッテリーの充電を行います。ブレーキモードをBモードに切り替えることで、さらに効率的に充電が可能です。

TIPS:航続距離を延ばすために

eC4-eco-driving

スムーズな運転操作

急発進・急制動を避け、スムーズな運転操作を心掛けることでバッテリーの消費を抑えられます。走行中の消費電力と回生ブレーキによる充電の状況は、インストルメントパネルにリアルタイムで表示されます。

 

回生ブレーキ

ブレーキペダルを踏み続ける代わりに、アクセルオフによる回生ブレーキを活用。減速時のエネルギーを回収して、効率よくバッテリーの充電を行います。ブレーキモードをBモードに切替えるとさらに効果的です。


プリコンディショニング

eリモートコントロールの機能を利用して、出発前にリモート操作でエアコンを作動させておくことができます。車両が充電器に接続されていれば充電器から供給される電力でエアコンを作動させるため、バッテリー残量を減らすことなく、出発後のエアコン使用によるエネルギー消費を抑えることができます。

 

タイヤ空気圧

空気圧が適正値に達していないタイヤではエネルギーを消費しやすくなるため、定期的なチェックが必要です。

※PHOTO:欧州仕様車

Top