[cle1: REDIRECTION_DANS Lang:JP] [cle1: SECONDES Lang:JP]

2019年WRCでのシトロエン全戦績

シトロエンのSNSで、シトロエンの全WRCニュースをぜひフォローしてください。C3 WRCを駆る我らがクルー、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組の結果もお知らせします。

wrc-turquie_news_625x400.329707

ラリートルコ
9月12-15日

シトロエンは1-2フィニッシュを達成

セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組が盤石の強さを見せ優勝、 2位にはエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組が入り、 シトロエンにとっては、2015年のアルゼンチン以来となる1-2フィニッシュを達成しました。
wrc-turquie_news1_400x300.329708.74

最終結果

1. Ogier / Ingrassia (Citroën C3 WRC) 3:50:12.1
2. Lappi / Ferm (Citroën C3 WRC) +34.7
3. Mikkelsen / Jaeger (Hyundai i20 WRC) +1:04.5

wrc-turquie_news2_400x300.329709.74

ドライバーズ・ポイントスタンディングス

1. Ott Tänak – 210 points
2. Sébastien Ogier – 193 points
8. Esapekka Lappi – 80 points

wrc-turquie_news3_400x300.329710.74

WRC マニュファクチャラーズ選手権 ポイントスタンディングス

1. Hyundai WRT – 314 points
2. Toyota Gazoo Racing – 295 points
3. Citroën Total WRT – 259 points

WRC-Argentine_News_625x400



第39回ラリー・アルゼンティーナ
4月25~28日

オジエ/イングラシア組が3位。C3 WRC、5戦連続ポディウム達成

セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組は再び英雄のようなパフォーマンスを発揮して、手に汗握る最終ステージの末、今シーズン4度目のポディウムを獲得。シトロエン・トタル・ワールドラリーチームに2019年5回目のポディウムをもたらしました!
WRC-Argentine-News-1_400x300

最終結果

1. Neuville / Gilsoul (Hyundai i20 WRC) 3h20’54’’6
2. Mikkelsen / Jaeger (Hyundai i20 WRC) +48’’4
3. Ogier / Ingrassia (Citroën C3 WRC) +1’04’’8

WRC-Argentine-News-2_400x300

ドライバーズ・ポイントスタンディングス

1. Thierry Neuville – 110 points
2. Sébastien Ogier – 100 points
8. Esapekka Lappi – 26 points

WRC-Argentine-News-4_400x300

WRC マニュファクチャラーズ選手権 ポイントスタンディングス

1. Hyundai WRT – 157 points
2. Toyota Gazoo Racing – 120 points
3. Citroën Total WRT – 117 points

Ogier-Ingrassia-Second-in-Corsica



第62回ツール・ド・コルス
3月28~31日

オジエ/イングラシア組がコルシカで準優勝 C3 WRC、4連続ポディウム

セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組がコルシカで、自らの固い決意の力で今シーズン3度目のポディウム達成。シトロエン・トタル・ワールドラリーチーム(WRT)にとっては、4度目のポディウムフィニッシュとなりました。これは今年に入って開催されたレースと同じ回数です。奮闘の末2位につけたオジエ/イングラシア組は、ドライバー選手権でトップに2ポイント差まで迫りました。 一方、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組は総合7位でフィニッシュ。シトロエンのマニュファクチャラー選手権2位固めに貢献しました。また、C3 WRCでの全ターマックステージ走行という貴重な体験も積みました。
Citroen-C3-WRC-Corsica-2019

最終結果

1. Neuville / Gilsoul (Hyundai i20 WRC) 3:22:59.0
2. Ogier / Ingrassia +40.3
7. Lappi / Ferm +2:09.1

Citroen-Pits-Corsica-2019

ドライバーズ・ポイントスタンディングス

1. Thierry Neuville – 82 points
2. Sébastien Ogier – 80 points
6. Esapekka Lappi – 26 points

 

C3-WRC-2019-Corsica

WRC マニュファクチャラーズ選手権 ポイントスタンディングス

1. Hyundai WRT – 114 points
2. Citroën Total WRT – 102 points
3. Toyota Gazoo Racing – 98 points

Rallye-Mexique-625x400



第19回ラリー・メキシコ
3月7~10日

オジエ/イングラシア組で、シトロエン今シーズン2度目の優勝!

日曜日の最終レグではセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組が驚異的に冷静で落ち着いたパフォーマンスを発揮し、優勝を飾りました。2019年に入ってから行われた3戦のうち2勝目となります。モンテカルロでのシーズン開始以来の、C3 WRCによる連続ポディウムフィニッシュ記録を更新しました!この結果、シトロエンレーシングがラリー・メキシコで持つ最多優勝回数の記録は8に伸びました。
Rallye-Mexique-3-400x300

セバスチャンとジュリアンは、2013~2015年、2018年に続いて、メキシコでの5度目の優勝を決めました。

Rallye-Mexique-4-400x300

これで、シトロエン・トタル・ワールドラリーチーム(WRT)は2019年に入ってからの3戦すべてで、2位以内でフィニッシュしたことになります。 

Rallye-Mexique-400x300

高温かつ極めて高い標高で行われることから、特に苛酷なラリーと言われるラリー・メキシコでも、C3 WRCは戦績をあげています。

C3-WRC-Suede_625x400



第67回ラリー・スウェーデン
2月14~17日

ラッピ/フェルム組、2位達成!

エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組がこの週末、見事なパフォーマンスを発揮。シトロエン・トタル・ワールドラリーチーム(WRT)加入後初のポディウムフィニッシュを決めました。C3 WRCに乗ったフィンランド出身のコンビは日曜日の最終レグでライバルたちからのアタックを食い止め、総合2位でラリーを終えました。一方、ラリー・モンテカルロの最新王者・セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組は、ラリー前半でのリタイアという失望をものともせず、パワーステージでボーナスポイント2点を拾います。才能と意志の強さを出し切りました。

Racing-C3-WRC-2019_Monte-Carlo-Test1_625x400



第87回ラリー・モンテカルロ
1月22~27日

セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組、歴史に残るシトロエン WRC100勝目を達成!

この日の最終レグでは、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組がC3 WRCを駆って英雄的な奮闘を見せ、ラリー・モンテカルロ史上新記録となる僅差で優勝を果たしました。2位とのタイム差に、バトルの激しさとパフォーマンスの密度が反映されています。このパフォーマンスにより、シトロエンレーシングはブランド100周年を祝う年の始めに、通算100回目の優勝を飾りました!

THE CITROËN WRC TEAM ON SOCIAL NETWORKS

THE #C3WRCLIVE IS BROADCAST ONCE A DAY, THURSDAY TO SUNDAY DURING EACH RALLY

Top