新型コロナウィルス感染症拡大防止に関する対応について
シトロエンではお客様及びスタッフの安全・安心を最優先に、政府の方針・指導に基づいた対応を実施してまいります。

詳しくはこちら

[cle1: REDIRECTION_DANS Lang:jp] [cle1: SECONDES Lang:jp]

Groupe PSA Japan(グループPSAジャパン)株式会社ではリコール、改善対策に該当する車両について車検証に記載された使用者様宛に案内文書をご郵送させていただいておりますが、使用者様の変更、車検証に記載された住所の不備等でご連絡できない場合がございます、また、改善措置(リコール等)の対象となるお車をお持ちのお客様に、一刻も早く対策をお受けいただき、安心してお乗りいただけますよう、ウェブサイト上で改善措置(リコール等)を案内しております。

なお、国土交通省に届け出られるリコールの該当車両は正規輸入、販売した車両に限られますのでご了承ください。

改善措置(リコール等)の対象車両をご使用のお客様には、大変ご迷惑をおかけ致し誠に申し訳ございませんが、お客様がご使用のお車が未対策の場合は、安心してお乗りいただくために、最寄りのシトロエン正規指定サービス工場に御連絡賜りますようお願い申し上げます。

今後もより一層の品質向上に努力する所存でございますので、シトロエン車に相変わらずのご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

リコールとは?

自動車が安全上、公害防止上の規定(道路運送車両の保安基準)に適合しなくなるおそれがある状態、または適合していない状態で、原因が設計または製作の過程にある場合に、その旨を国土交通省に届け出て、自動車を回収し無料で修理する制度です。

改善対策とは?

自動車が、リコール制度に規定された保安基準に不適合状態ではないが、安全上または公害防止上放置できなくなるおそれがある、または放置できない状態で、原因が設計または製作の過程にある場合に、その旨を国土交通省に届け出て、自動車を回収し無料で修理する制度です。

自主改善とは?

後付け部品として販売した部品(販売店装着アクセサリー)が原因で、安全上、公害防止上の規定(道路運送車両の保安基準)に適合しなくなるおそれがある状態、または適合していない状態である場合、その旨を国土交通省に報告し、改善のため行う修理または、改修をする制度です。2008年4月1日より、シトロエン・ジャポン株式会社は、日本市場におけるシトロエンブランドの更なる発展のため、プジョー・ジャポン株式会社と合併し、新たにプジョー・シトロエン・ジャポン株式会社を設立しました。シトロエン・ジャポン株式会社が届出をしたリコールにつきましては、プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社が引継ぎ、適切に実施いたします。

2020年2月1日よりプジョー・シトロエン・ジャポン株式会社はGroupe PSA Japan(グループPSAジャパン)株式会社に社名変更いたしました。

> 外-3043 2020/6/18 C3

 車体(テールゲートラバーストップ)に関するリコール情報

 

> 外-3037 2020/5/28 DS4、およびプジョー車

 車体(フロントサブフレーム)に関するリコール情報

 

> 外-2989 2020/2/27 C4 PICASSO、C4、DS4、DS5、およびプジョー車

 排気ガス浄化装置(アドブルータンク)に関するリコール情報

 

> 外-2983 2020/2/27 C4、およびプジョー車

 排出ガス発散防止装置(触媒装置)に関するリコール情報

 

> 外-2982 2020/2/27 C4 PICASSO、およびプジョー車

 燃料装置(燃料タンク)に関するリコール情報

 

> 外-2819 2019/3/29 C3、C4、およびDS車

 エアバッグ装置(インフレータ)に関するリコール情報

 

詳細については、お近くのシトロエン販売店までお問い合わせください。

Top